日常ときどき夢幻、過ぎ去りし景色の描写


by sns1481

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
life
リーダー不在
iremono
hakusan
on
off
season
a poetaster
AFTER 3.11
a story
白地図を埋める途中
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

最新のコメント

あ1うえをさん 土..
by sns1481 at 18:52

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

とおくのこえ
at 2018-06-10 00:21
レアンドロ
at 2018-05-28 01:12
治療
at 2018-05-04 16:07
Re:mind
at 2018-04-22 10:31
7 years rayter
at 2018-03-04 15:09

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
30代

画像一覧

とおくのこえ

d0201199_00174383.jpg
自分の心は自分に支配される。

言葉は言葉を呼ぶ。

誰かの言葉や表情のせいではなく、自分自身の心が見せるもの。

私の心はあなたの中にある。

私という存在はあなたの手のひらに掌握されている。








[PR]
# by sns1481 | 2018-06-10 00:21 | a poetaster | Comments(0)

レアンドロ

こんなに限定的な空間ですら、私とあなたは出会えない。

なのにこんなに広くて、生まれも育ちも違うのに私とあなたは出会って心を通わしている。

今夜はあなたのことを考えて眠れない夜を過ごしています。
何度目かの。
d0201199_01173984.jpg

[PR]
# by sns1481 | 2018-05-28 01:12 | off | Comments(0)

治療

長期休暇は曜日間隔を狂わせる。

今日は金曜日だというのに、こってりゴミの日であることを忘れ、昨日の夜にまとめていたゴミたちを
棄てるに間に合わなかった。

今週の火曜日からカイロプラクティックに通っている。

先般中国へ出張した際、マッサージしてくださった方から私の体が歪んでいるとご指摘いただいたからだ。

体のゆがみをとりたいと、通ったカイロだったが今年の雪かきで痛めた手首と顎関節症であかない顎も
治していただけることになった。

久々に新しい人に出会えた気がする。

痛くて動かすに動かせなかった手首は肘からバランスを治したり体の歪みは膝までアプローチしたり。
とにかくほぐして体の可動域を上げる。 先生談

骨はバキバキ言うし、(痛くはない)顎の指圧は痛いけど、最後に背骨をバキバキっと伸ばされたときは
体が新しくなった気さえしてしまうほど。

今年の健康診断と、次の中国出張での歪みの評価が気になる今日この頃。

最近めっきり自分の考えを言葉に起こしたり、したためたりしなくなってしまったから、脳内のシナプスがぶちぶち切れているのを感じるけれど、背骨が開通することでシナプスも開通しないかなと淡い希望をいだいて家の片付けなどこれからしようと思います。

オリオンはいつも私の胸の中に。









[PR]
# by sns1481 | 2018-05-04 16:07 | off | Comments(0)

Re:mind

d0201199_10243215.jpg
d0201199_10241766.jpg

昨日の夜、嫌な夢を見た気がする。
嬉しいことの跳ねっ返りかと思う。

あなたは私にとって私を喜ばせる天才です。
思いがけないタイミングで嬉しいことをする。
そんなときあなたに見せる私の表情はきっとあなたにしか見せたことがないし、
あなたに喜ばされた時だけ浮かんでくるその感情はほかに経験がありません。
誕生日まで待てない私の性分を私は申し訳なく思うけれど、かたちあるものはいつ損なわれるか知らない。

だからある時に存在を確かめて感情を享受するんです。






[PR]
# by sns1481 | 2018-04-22 10:31 | hakusan | Comments(0)

7 years rayter

癒えない心もあるだろう。
届かない祈りもあるだろう。
それでも私たちは生きていく。

d0201199_15185421.jpg


d0201199_15190151.jpg
私が石川に来てからもうすぐまる七年が過ぎようとしている。
あの日見た景色たちはどれも美しかった。
夕陽が沈んでいくように、森の中にあるホテルがゆっくり朽ちていくように。

どのシーンも思い出されるのだけれど、私の見た夢だったのかもしれないのだけれど、あいつがくれた言葉。

「きっと、おじいさんとおばあさんが○○を守ってくれるよ」
言ってくれた本人は覚えてなんていないのだろうけど。

疲弊しきった両親の顔
毎日泣いていた母親
メリーゴーランドを食べたびっくりドンキー
家の片付けをしてくれた栃木のボランティアの人たち
同じく韓国のボランティアの人たち
コンビニが営業してくれていたこと
電気も水道もきていなかったこと
春だったこと
僕だけが悲しみと恐怖を共有できなかったこと

僕の震災の記憶

















[PR]
# by sns1481 | 2018-03-04 15:09 | AFTER 3.11 | Comments(0)

Connect heart

d0201199_14494518.jpg
心を繋ぐまでは沢山の言葉が必要で、言葉を紡ぐにはたくさんの思考がひつようで。


そのプロセスを経て今私たちが繋いでいる心はきっとサヨナラを知らない。

あなたとの距離を星曜日とするなら、きっと手に入りきらないということが至上の幸せで、あとはすぐに忘れてしまう心地よさを日々確認するためにできるだけ時間と空間を共有する。

毎日が尊くてそれは覚えていられないくらい日常にひっそりとあるからで、枯れることのない湖のように静かにたたずんでいる。

あなたのところに還るたびに私は私でよかったとそう思えて、そんなあなたの存在は偉大です。





[PR]
# by sns1481 | 2018-03-04 14:55 | a poetaster | Comments(0)

中古物件 よく壊れる

d0201199_14103011.jpg


d0201199_14104464.jpg
・・・でググってみてください。

検索エンジンの上位に私の家があがってくるはずです。

というくらいこのおうちは壊れていると思います。

写真は先日の豪雪の時のもの。

心地よい疲労感に追い打ちをかけるように、帰宅すると近所で車がはまっていて一緒に助ける事1時間。
その後、家の雪かき。
記録として、こんなに雪が降ったんだよと写真とビデオを撮りました。

屋根の雪は表面張力でぎりぎり溢れない水のように今か今かと落ちるタイミングを見図っているようで、出待ちならぬ落待ち然としたたたずまい。

その後、どうなるかは想像に難くないと思います。















More
[PR]
# by sns1481 | 2018-03-04 14:16 | off | Comments(0)

心地よい疲労感

石川県は積雪の影響で交通マヒや休業に見舞われている企業がある。

今回のヤマは今日だったと思う。

私も出勤時間の調整や除雪車の手配などイレギュラーな対応におわれていた。

月曜の朝からずっとしている雪かき。

今日は町内の困ってる家の雪かき手伝って、自宅のつぶれそうなカーポートの雪かきをした。
雪を積み上げると、家を囲う塀の高さまで到達し、塀にまたがるような体勢で雪かきした。

屋根の雪も多かったので、初めてカーポートにも上がった。

初めて上ったカーポートは見通しがよくまずまずな頑丈さだったが風が強く足元はおぼつかない感じでまあまあな危うさだった。
万が一、足を滑らせて落ちても雪のクッションで大事にはいたらなかったと思われるが。

みんな大変だ。

昨日撮った写真を時間があるときにアップしようと思う。















[PR]
# by sns1481 | 2018-02-07 19:39 | on | Comments(0)

forecast

寒さで割れた親指のささくれをパテで埋めるようにハンドクリームを塗る前に、
私は水道のレバーをあげて冷えた水で手を洗った。

冷たい水が私は好きだ。

暑い日に氷や冷蔵庫で冷やされた水ではなく、外気で自然と冷たくなった水。
なるべくして冷たくなった水の冷たさののどを通る時の心地よさ。
標高の高い山の頂から湧き出る冷たい水の冷たさ。
その洗練された冷たさは雑念を一切纏わないから私はそれを欲してしまうのだろう。

そんな冷たい水を青い透き通ったコップに注いで飲むときに、コップの底が凍り付いているように見えて、過冷却の水を連想する。

氷になる前の水。

私たちはきっとそんな関係だったのだと思う。

もちろん良い意味で。

ほんの少しのきっかけで氷になる過冷却の水。

一年前の私とあなたのことを私はあまり鮮明に思い出すことができない。

それはそれで尊い時間だったのだけれど、私は今を愛しすぎている。

あの頃、常に終わりを見ていたあなたに対して、私はその瞬をひたむきに積み重ねた。

あの一途な時間があなたと私の今を形成している。

近頃、あなたの声を思い出せなくなる時があるのだけれど、きっとそれはあなたの声に触れた時、嬉しさを増長させる私の機能なのだと思う。

だからあなたと私の時間はいつだって開けたてのコーラのように新鮮なのだと思う。














[PR]
# by sns1481 | 2018-01-25 00:35 | a poetaster | Comments(0)

Impatience

休みが長いのに思うように物事の運ばない日常に焦燥が募る。
家事をこなした日はそれを言い訳に本来すべきことができなかったことへの叱責をせず、自分をごまかす。

私の生活にあなたがいないと私はメリハリのない時間を過ごしてしまうということに気づいた。

あなたと過ごす時間が原動力なのだと。

2年目が終わって3年目に入る。

自分がなるべき虚像や到達すべき場所は正直見えていない。

石や木を彫り続ける事で形を成していく像のように、私にはまだまだ身を削る時間が必要なようだ。

ここにやり場のない感情をつらつらと書き連ねていることで気分が晴れることはないが、
いつかここを見返したときに私はここが通過点だったことを少し先から振り返ることができるだろう。

[PR]
# by sns1481 | 2018-01-07 15:56 | off | Comments(0)

お礼参り

d0201199_15390386.jpg
しばらくこれなかった場所に年内最後の日に来ることができたのは幸運だった。

光を集めることはできなかったけれど2017年の感謝を祈ることができた。

願いはなくて、静かな祈りだけがあった。

d0201199_15445046.jpg




[PR]
# by sns1481 | 2018-01-01 15:38 | hakusan | Comments(0)

by your side

2017年は願いの叶う年だった。

目をつぶればいつも私の左側にあなたを感じることができるようになった。

重ねた時間が五感を越えた見えない力を私に与えたのだと思う。

心と心を繰り続ける日々で、私たちが歩いた道をそれる日が来たとしても、
繰った糸を手繰ればきっとその道に戻ることができる。

そんな風になりたくてあなたと手をつなぎ続けた甲斐があったとそう思える。

時間は私に味方してくれる。

次の年も、その次の年もあなたの笑顔が隣にありますように。



[PR]
# by sns1481 | 2017-12-31 12:25 | a poetaster | Comments(0)

Baby if ...

泣いたりしなくていいよ

私の帰る場所はあなたの腕の中だけだから

どうしても泣きたい時は私の胸の中で隠れるようにひっそりと
微笑むように泣いてよね

[PR]
# by sns1481 | 2017-11-21 23:53 | a poetaster | Comments(0)

私を受け入れて来た数々の容れ物についての回想8.02

内見もせず、金額と部屋の壁紙の色で決めた部屋だった。

春の、まだ肌寒い日で、私は引っ越し屋さんのかご車に乗りきらなかった荷物の
半分をヴィッツに積んで、その部屋を訪れた。

長野から鬼無里と白馬を抜け、糸魚川から金沢まで。
荷物を降ろして、一息つくと陽は傾きかけていたが、睡魔に負けてフローリングに寝転んだ。

目が覚めると夜になっていて、一つ前の容れ物に戻る必要のあった私は夜通し長野へとトンボ帰りをし、積みきれなかった荷物を積んで、8つ目の容れ物に戻った。

初めて住む、縁もゆかりもないその街は、コンパクトな街の集合体でとても住みやすく、
私を離れがたくした。

その街はのらりくらりとさすらってきた私の旅の終着点と言えた。

[PR]
# by sns1481 | 2017-11-18 01:09 | iremono | Comments(0)

オリオンの見つけ方

心が覚えてる

記憶を失くしたとしても
思考が果てたとしても

そんな風に思えた


あなたと積み上げた時間を紐解いたとき
心が温度を取り戻していくのを感じて
つい先ほどまであなたが私の腕の中でやすらいでいたときの体温を思い出す

愛しい人を腕の中に抱きしめているとき
私はその場所を世界の果てだと思う

これ以上もうどこにも行くことができないから

それは先に進めないということではなく
ここに居続けたい
ここ以上に居心地のよい場所がないという意味でのこの世の果て

オリオンの見つけ方忘れてしまったからまた今度教えてほしい
私の瞳の下じゃなく、冬の澄んだ夜空に浮かぶオリオンを





[PR]
# by sns1481 | 2017-11-18 00:59 | a poetaster | Comments(0)

私を受け入れて来た数々の容れ物についての回想8.01

何かを決断するときはいつも時の流れが私に寄り添っていた。
まるで渡り鳥が飛来するかのようにその瞬間は私のもとに降り立ち、私を次の場所へと連れ去っていった。

地デジ化の波が収束し、私という中継ぎ的な立ち居地の人間は役目を終えようとしていた。
一つのサイクルが終わり、くすぶっていた私に次の容れ物への家移りを決心させたのはさまざまな要因だった。

それは震災と復興の兆しであったり、テレビを売っていたときに良くしてくれた人たちの存在だったり、
数の多過ぎるトンネルのせいであったりした。
生活を合理的にするには善光寺参りという私のルーティーンにピリオドを打つ必要があった。

次の引越しも割りとスムーズであったが、積み切れない荷物は鬼無里のおじさんの家に一時預かりいただき、
長野と石川を二往復する必要があった。
あの無数のトンネルをくぐる日々とお別れして程なく、私は白髪の男とギャラの交渉をし、
それまでの日々より多忙な生活に身を投じていった。

淡い夢を諦め、独身貴族然を気取った生活は神々しいほどに希望に満ちた始まりだった。
緑色の壁に、川の流れる音の聞こえる部屋。
今の私を私たらしめた生活の始まりだった。





[PR]
# by sns1481 | 2017-11-03 23:57 | iremono | Comments(0)

6years rayter

6年目の日は静かな昼下がりをあなたと二人で過ごしたことを思い出した。

壁を一つ隔てた部屋で。

その時間には一緒に黙祷をささげた。

あの日あなたは私に一つの課題を投げかけた。

楷書の歌を考えてと。

私は 「静」 という字を思い浮かべた。

私の偲ぶ静御前からヒントを得て、彼の人を歌った詩を。

私の歌を一つ返事で採用してくれたあなたに私は感謝しているし、
それを一つの作品として魂をこめてくれていることにも感謝している。

[PR]
# by sns1481 | 2017-11-03 23:42 | AFTER 3.11 | Comments(0)

寝言は寝て言え

久々にがんばった。

がんばれたのはひとえに明日があるから。

文句があるならやることやってから言って欲しい。

という遠まわしのメッセージ。

[PR]
# by sns1481 | 2017-10-21 02:11 | リーダー不在 | Comments(0)

Call my name

一年前の私はいまの私を想像なんて出来ない

一年前のあなたも今のあなたを想像なんて出来ない

日常にあなたがいてくれる事の幸せを
愛が在ることの幸せを

私は今だけを生きている
今はきっと未来になる

愛に感謝

[PR]
# by sns1481 | 2017-10-18 23:49 | a poetaster | Comments(0)

Ensemble

秋は心が細くなる。

肌が寒さを感じるときにあわせて心もすぼむのだ。

眠りに就くとき、朝目覚めるときに私の傍らには必ずと言っていいほどあなたへの愛しさが置いてある。

私はその愛しさを肺胞に目一杯吸い込んで身体中に浸透させる。

あなたは私を夢の中でも想うという。

そんなはずないのだけれど、そんなこと言ってくれるのが嬉しい。

[PR]
# by sns1481 | 2017-10-16 08:04 | a poetaster | Comments(0)

水中花

清流に揺れる梅花藻のように

闇夜に白いコスモスが浮き立っていた

もうすぐオリオンの季節が廻って来る

私がしてあげられることは少ないし
もとい何もしてあげられないのかもしれない

ひとつ深呼吸をして自分を客観視したときに
川底の石を磨く自分を思い出せたら
きっとその時からベクトルは幸せに向かっていく

力まないことを私はあなたから学んだから
厳しいときも肩の力をそっと抜いて自らを
高いところから見下ろしてみて

本当のあなたはきっととても素敵な人だから

[PR]
# by sns1481 | 2017-09-21 23:42 | a poetaster | Comments(0)

On the other side

私は川の向こう岸を歩くあなたを日がな見ていた

いつからか見ているだけでは満たされなくなった私は

あなたとの対話とふれあいを求めた

想いが募る程に川幅の広がりを感じたけれど

時が来て、狭くなった川幅の対岸のあなたを私は引き寄せた

私の胸にしっくりはまったあなたはまるで

生れたときに引きちぎられた私の体の一部みたいに

見事に私の凹凸を均した

もうきっとあなたは向こう岸に戻ることはない

一人になんてしないから戻らなくていいんだ

[PR]
# by sns1481 | 2017-09-18 13:44 | a poetaster | Comments(0)

fall asleep

anata

arigato

aishiteru

青い炎はきっと赤い炎より温度が高い

あなたの手をとった時から私は決めていた

二人は生まれた時から決まっていた

特別な日が日常になって

習慣になって、そのうちなくてはならなくなる

触れたらほっとするあなたの背中

これからも日常は続いていく

[PR]
# by sns1481 | 2017-09-15 00:35 | a poetaster | Comments(0)

おやすみ

d0201199_23533572.jpg
今 美しいものを見つめると 心の荷が下りる(心が軽くなる)

言葉では到底形容しきれない感情

私は雨に濡れたあなたをそのまま抱きしめたいと思った

あなたの止まっていた時間のゼンマイは私が回す

あなたの見たことのない景色は私がたくさん見せてあげる

疲れていても一緒に歩いてくれること

隣にいてくれると安心すること

遠くにあなたの声を残して私は泥の中で眠る

慈愛に満ちた感謝を抱いて





[PR]
# by sns1481 | 2017-09-11 00:02 | a poetaster | Comments(0)

the difference

あなたが作ってくれたご飯を二人で食べる

あなたに触れる

至上の幸せは感謝の連鎖を呼ぶ

あなたが欲しいといっていた本は
あなたの欲しがった本だけは美術館に置いていなかった

物事に意味なんてないのだけれど
美術館にあの絵本がなかったから出会えた人がいて
その人に感謝を抱けて
優しさのシャボン玉に包まれたような気持で
いつの間にかうたた寝をしてしまい
目が覚めて眠たげなあなたの顔をみれて
嬉しいと愛おしいがないまぜになって

円周率みたいに日常がずっと続いていけばいいなと思って

心に思い浮かべたこと

口にしたことのほとんどが叶えられたのだから

これからも大丈夫
私たちは大丈夫

[PR]
# by sns1481 | 2017-09-05 23:57 | a poetaster | Comments(0)

空 秋色

d0201199_17211235.jpg
季節の変わり目はある朝突然感じられる
8月の末、起き掛けに乾いた空気
ほんの少しひんやりとしたおと


d0201199_17212943.jpg


d0201199_17213728.jpg
d0201199_17213497.jpg
回廊は時間と季節で表情が違う

今日もお礼を言ってきた

ありがとう

[PR]
# by sns1481 | 2017-09-03 17:21 | hakusan | Comments(0)

私を受け入れて来た数々の容れ物についての回想7.88

長い旅から帰った私はしばらく放心ぎみだった

長いこと友のペースに合わせていたことのストレスから解放されると思いきや、
その後数日間の共同生活を申し出られて断ることもできず・・・

数日後、穂高の駅へ送っていき別れた

しばらくニートをして小指のスピカが消える頃、働かないと生きていけないということに気づき
仕事を探した

経験値と年齢に根拠のない自信を持っていた私だったが、現実は甘くないということを
思い知らされた

私は私の可能性を否定し単純作業で生計を立てるという今思えば安易な選択をして
それなりに自由で幸せな日々を暮らしていた

いつもリスクは傍にあってじり貧で労働の対価として賃金を得て生きていくということは
サバイバルだということを痛感させられた時間だった

仕事をいくつか掛け持ちして生計が安定し始めるころ私は車用の空清機を購入した

須坂の展示場へ行く朝、意気揚々と空清機を車にセットしたことは覚えている

そんな些末なことを忘れられないのは、あの日静かな泥のような地層のうごめきが
黒くて冷たい波を連れてきたから

私は遠くからただ、つながることのない電話をかけ続ける事しかできなかった

[PR]
# by sns1481 | 2017-09-02 23:36 | iremono | Comments(0)

heart to heart

降るときは降る

溶けるときは溶ける

積もるときは積もる

あなたは時々、私の心の甘皮をむく

正直痛い

ただそれは誤解とか思い過ごしのことが多い

傷つかずにはいられない私の心をあなたは絆す

難解な問いは細かく分解すればいい

諦めや担保を言葉にするのをやめて

希望を唱え続ければいいそしたらきっと光が見える
d0201199_23013760.jpg

[PR]
# by sns1481 | 2017-09-02 23:01 | a poetaster | Comments(0)

naked

絵葉書を見てあの時間が私の人生に存在していたことを思い出す

と同時に時間がゆがんで手の届かないほど遠くにあの時間が行ってしまったように錯覚する

秋の入り口より遠い春の入り口

時の回廊にそのまま居残っても私たちは一向にかまわなかったが

周りと現実は時間という概念で私たちを洗い流していった

あなたの欲しがっていた絵本はちょっとだけ入手困難だったので返答待ちになっている

その本をあなたは大切な誰かに渡すかもしれないし読み聞かせるかもしれない

私が好んだ絵画の悲哀をあなたという存在がかき消していた
陽の気は絵画からにじみ出る悲哀さえも光に変えてしまうのだと
過去の私の闇へ返り咲く暇もないほどに

私たちはどれだけ彩を塗り続けただろう

彼のパレットにしていたというキャンバスのように日常に塗り続けた彩は
際限なく変わり続け完成することのない宇宙に限りなく近づいていくのだろう

絵の具がなくなることもあるかもしれないし
筆が固まってしまうこともあるかもしれない

だけど作品はなくならない
いつだって傍にいて感じられる

あなたの肌
あなたの声
あなたの温もり











[PR]
# by sns1481 | 2017-09-01 00:09 | a poetaster | Comments(0)

その愛は喪失感を伴わない

悦びのあとにはいつも喪失感があった。

隙間が埋まり、渇いた大地が潤い、鉄が熱を帯びたあとに来る空白。

其処には必ずと言っていいほど、表裏感情が存在していた。

それは独占欲を満たす手段であったり、私にとっては感謝の体現でもあった。
それは時に紐を強く結ぶ事に似ていた。
ほどけかかった蝶々結びを強く結び直すように。

あの日、あなたの左手から伝わってきた何とも形容し難い安心感と一体感のそれは確認作業だった。
まるで答えあわせのようで、一つ一つ解答が正しいことを確めた。

答えあわせが終わって私は言葉を無くした。
無くしたと言うよりも、私は言葉を持ち得なかった。

遠回りして時間をかけて到達した丘から見下ろした景色は私の目にしたどんな景色よりも美しかった。





[PR]
# by sns1481 | 2017-08-27 04:34 | a story | Comments(0)